トレジャーリサーチは返金可能?稼げない可能性もある?

トレジャーリサーチは返金可能?稼げない可能性もある?
新しく登場した「トレジャーリサーチ」というビジネスがあります。

すでにご存じでしょうか?

最近副業が推奨されている事もあり副業に挑戦する人が増加傾向にあります。

今回は副業と新しく登場したトレジャーリサーチについての情報を紹介していきます。

トレジャーリサーチは返金制度があるの?

返金制度に関しては有る可能性が高いと言われています。

通常ビジネスノウハウは返金が不可能な場合が多いです。理由は対象外だからです。返金はどんなものでも出来るワケではありません。

それなりに条件があります。このトレジャーリサーチについても何かしら返金の条件がある可能性も考えられますので確認はしておくべきでしょう。

過去には時間やお金がかかり結果的に損をするケースもあるそうです

一般的な情報商材の場合返金するために消費者センターや弁護士を利用するケースが多いそうです。

その場合色々とトラブルが発生しているようです。

トラブル① 返金額を勝手に減らされた

消費者センターに相談したところ勝手に返金額を交渉されて金額が少なくなったという話もあるようです。

購入してしまったあなたも悪いというような事を言われ深く傷ついたという口コミ等も有ります。

ネットで調べると結構出てきますので調べてみるとわかります。

トラブル② 弁護士に断られる

小額の返金の場合は弁護士に依頼する方が高くなってしまう場合もあるので注意が必要です。

基本的に弁護士がまず話しを聞きます。その上で受けるか受けないかを判断します。弁護士には相談を受ける義務は無く任意で契約をする為断る事は出来るんです。

頼れるのは弁護士だけと思っていたのに断られるというケースもあるようなので事前に相談するのが望ましいでしょう。

トラブル③ 会社に副業していたのがバレてしまう

もし裁判にでもなれば出頭する可能性もありますし、長期間交渉が長引く可能性があります。

そうなれば副業をしていた事や裁判になっている事を周りの人間に知られてしまいます。副業を秘密裏にしていた人にとってはバレる事で会社から白い目で見られる可能性があります。

このようなトラブルの可能性もあるので返金に関しては様々な点で注意が必要です。もちろんこのトレジャーリサーチも例外ではありません。

トレジャーリサーチのみならず副業の返金トラブルに注意

今回はトレジャーリサーチや返金について調べてみました。

返金については様々なトラブルが併発してしまう可能性があるので注意が必要です。

現在ではネットビジネスや副業が非常にブームになっているようですが、それに比例してこうした問題が起こっているのも事実です。

皆さんも副業には十分注意してはじめるようにしましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。